ホーム  »  HIRAI製品  »  選定手順

減速機の選定にぜひご活用ください。

1.減速比 I の決定

  減速比 I =   出力軸回転数N₂(rpm)

  入力軸回転数N₁(rpm)

2.等価トルクの算定

  • 等価トルクTe=負荷トルクTf × 荷重係数Sf × 頻度係数Sh
  • * トルクT(N・m)= 荷重 W(N)× 作用半径 R(m)
  •     
  • * 負荷トルクTf(N・m)
   Tf =  9550 × kW × E

     N₂
kW : 入力容量(kW)
E  : 減速機効率(%)/100
N₂ : 出力軸回転数(rpm)
  • * 荷重係数Sfと頻度係数Sh
  • 荷重の種類・時間・使用の頻度などの条件に応じて等価値を求めてください。
  •  
  • 荷重係数 Sf
    荷重の種類
連続時間     
均一荷重 普通の衝撃 激しい衝撃
2時間まで 0.80 1.00 1.25
8時間まで 1.00 1.25 1.50
24時間まで 1.25 1.50 1.75
  • 頻度係数 Sh
 起動停止が1時間に10回以上行なわれる場合 1.2
 クラッチ・ブレーキ等による急激な起動停止の場合 1.5
 内燃機関(エンジン)を使用される場合 1.2~1.5

3.減速機の仮選定

  • 等価トルク Te ≦ 許容トルク Taとなる減速機を選定してください。
  •  

4.等価O.H.L(オーバーハングロード)の算定

  • OHLとは、チェーン等による動力伝導時に軸を曲げるように働く荷重をいいます。
   等価O.H.L =  Te × K ×(L + 0.57 × Ls)

    R × 1.07 × Ls

Te : 等価トルク(N・m)
K  : 伝導具による係数
R  : 伝導具のピッチ円半径(m)
Ls : 標準軸の長さ(mm)
L  : 軸元より荷重中心までの距離(mm)

  • 伝導具のよる種類による係数(K)の値
伝導具 チェーン
タイミングベルト
ギヤー Vベルト 平ベルト
1.00 1.25 1.50 2.50
  • 【ご注意】
     等価O.H.L≦許容O.H.Lとなることを確認してください。
     もし、等価O.H.L≧許容トルクとなってしまった場合は、Te(等価トルク)や
     L(軸元より荷重中心までの距離)、R(伝導具のピッチ円半径)を変更、
     または選定出力を大きくしてください。
     ご使用に関しまして、その他の係数や安全について考慮してください。
  •  

5.減速機の決定

      

 

 


copyright© 2017 HIRAI REDUCTION GEAR MFG.CO. All rights reserved.